黄金比の湯。以前こんなの作ってました。

黄金比の湯。以前こんなの作ってました。

最近、冬になりますと(例年より気温は高いですが)、お風呂の時間が待ち遠しくなります。

やっぱり日本人は、風呂だ!と思いますね。

湯船に浸かって、ゆっくりと疲れを癒す行為は、1日の終わりの儀式のような物で、これ抜きには、なんか1日が終わった気がしません。

こんな商品を昔作っていたんですよ。

その名も黄金比の湯。

これは偶然発見したアイディアでした。

その昔、REGINA LOCUS MENトータルリバイタライジングクリームライト(通称、メンズクリームライト、定価4,000円)を作っていました。

しかし、これが一向に売れない。

やはり上級モデル、REGINA LOCUS MENトータルリバイタライジングクリーム(通称メンズクリーム、定価6,500円)の方が圧倒的に人気があったんです。

その廉価版という立ち位置のメンズクリームライトは売れませんでしたね。

 

失敗したなぁ。と思いながら、在庫がたくさんあったので

そのクリームを丸々一つ、湯船にぶちこんでみました。

そうしたところ、これがまた、お湯にすごくトロミがでて、湯辺りがなめらか、体がめちゃめちゃ温まるんですよ。

こりゃ、温泉より温泉っぽいなぁ!と感動してやめられなくなりました。

それで作ったのが、これ黄金比の湯です。

 

これを作りました。

日本一高い入浴剤として、一つ(1回分)2,000円で売っていましたね。

最近、またこれを使っているのですが、何とも気持ちいです。

体がポカポカして、まるで天然の源泉掛け流し風呂に入ったような感じです。

いやぁ、偶然見つかる面白い商品ってのもありますよ。


Older post Newer post

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published